部署紹介

HOME > 部署紹介

部署紹介

腎臓内科/糖尿病・内分泌内科/眼科/救急総合診療科3階西病棟

4診療科の混合病棟で、糖尿病教育入院、血液透析、白内障の手術目的の患者さんが主に入院されています。入退院が多い病棟ですが、固定チームナーシングで個別性のある看護を提供できるように努めています。また、他職種間の連携もよく、毎日楽しく働ける病棟です。安全で満足いく入院生活を送っていただけるよう日々努力しています。

案内PDFはこちら

循環器内科/心臓血管外科/歯科口腔外4階東病棟・CCU

循環器内科、心臓血管外科、歯科口腔外科の混合病棟です。心臓カテーテル検査治療は年間約1,500件行っており、また、歯科口腔外科では、がんの化学療法や手術をする患者さんが入院されるので、様々な看護の経験ができます。緊張した状態での看護実践ですが、急性期を脱した患者さんが笑顔で退院した姿をみるとやりがいを感じ、また看護への喜びをより深く感じられる病棟です。退院支援にもチームで取り組み、患者さん中心の医療の実践にスタッフ一同日々努力しています。

案内PDFはこちら

脳神経外科/神経内科/皮膚科4階西病棟

脳神経外科31床、神経内科12床、皮膚科8床の合計51床の病棟です。 看護師34名看護助手5名で途切れのない看護を提供しております。患者さんは急性期から回復期までの様々な病期の方、入院期間も数日から数ヶ月まで、また複数の健康障害を抱えている方など生活障害も様々です。そのような患者さんへ固定チームナーシングで対応しております。当病棟では基礎看護技術のほとんどを経験することができ、多くの専門職と協働しながら看護実践しているためチーム医療を実感できる病棟です。

案内PDFはこちら

呼吸器内科・呼吸器外科・耳鼻咽喉科・救急総合診療科5階東病棟

呼吸器内科27床、呼吸器外科5床、耳鼻咽喉科15床、救急総合診療科3床の病棟です。新入院患者さんの約半数が緊急で入院され、短期入院から緩和ケアまで多岐にわたる看護ケアを実践しています。また化学療法・放射線療法や慢性呼吸器疾患などで、入退院を繰り返す患者さんが多いのも特徴です。発病から終末期まで一連の経過に関わるケースも多くあるため看護師の患者さんに対する思い入れは強く、患者さんとその家族が望むことを優先的に考え、その人らしく生活できるための援助を心がけています。

案内PDFはこちら

整形外科・リハビリテーション科・循環器内科5階西病棟

周手術期の急性期看護から、在宅に向けてのケアまで幅広い看護を提供している病棟です。また、多職種(担当医師・リハビリ医師・病棟看護師・MSW・臨床心理士・退院調整看護師・PT・OT・STなど)と協働し、在宅退院に向けて患者さん及び家族を支援しています。 安心のできる自宅退院や社会復帰に対する支援など、気合とチームワークで明るい元気な看護を提供し、患者さんの日々の変化をともに喜べる笑顔の絶えない病棟です。

案内PDFはこちら

消化器内科・形成外科6階東病棟

消化器内科の病棟です。急性期・慢性期の消化器系の患者さんが検査、治療、疼痛コントロールなど様々な目的で入院されます。私達の看護の基本姿勢は、明るい職場環境の中で、患者さんやその家族が不安なく効果的に治療が受けられるよう、安全で安心・安楽を重視した看護を目指しています。また、医療チームの調整を図りながら、患者さんの傍らで不安が解消出来るような、看護の提供を心がけています。「笑顔を忘れず、元気」をモットーにチームワークを組んで頑張っています。

案内PDFはこちら

外科・泌尿器科6階西病棟

外科・泌尿器科疾患の周手術期の患者さんのケアから悪性疾患患者の化学療法・ターミナルまで多岐にわたる看護を行っています。術後の合併症予防や早期離床に向けての取り組みなどを実践しており、また悪性疾患患者の疼痛緩和や多くの心理的なサポートまで患者中心の看護を目指し、安全で質の高いケアの提供を目指してスタッフ一同頑張っています。

案内PDFはこちら

整形外科・救急総合診療科7階東病棟

整形単科の病棟で主な疾患は脊椎系・関節系が多く手術保存的治療・リハビリテーションなどの目的で入院されます。手術前より姿勢、動作及び装具の着脱方法の指導を行い、手術後は早期離床、日常生活自立に向けての援助を行っています。疾患の特徴により何らかの障害や症状を残して退院される方もいますが、入院時より退院を見据えた生活指導を行い、家庭復帰や社会復帰の実践をしています。

案内PDFはこちら

血液内科・腫瘍内科7階西病棟

血液内科の主な疾患は白血病や悪性リンパ腫・多発性骨髄腫などで、クリーンルーム(7床)が常に使用されている状態です。感染管理には十分な注意が必要な病棟です。整形外科の主な疾患は頸・腰・膝など、手術や検査目的で入院されます。車椅子や歩行器を使用する患者さんが多いので、廊下の曲がり角や病室の出入口等環境面を含めあらゆることに注意を向けるようにしています。

案内PDFはこちら

整形外科8階東病棟

整形外科病棟で、変形性股関節・膝関節症、脊椎疾患、手足の骨折、手指の切断などの患者さんが入院する単科病棟です。骨折や手術などで日常生活が自分で出来なくなる患者さんが多いので、少しでも快適に過ごせるようなケアを行うことや、早期に退院できるように心掛けています。スタッフ一同チームワーク良く、明るく元気に頑張っています。

案内PDFはこちら

スポーツ整形外科・小児科・耳鼻咽喉科・形成外科・歯科口腔外科8階西病棟

スポーツ整形外科は、趣味レベルからアスリートまでスポーツ復帰を目指して入院されます。そのため、不安や期待も大きく、手術やリハビリと共に精神的看護も視野にいれた看護提供を目指しています。また、小児科は、入院患児数が逓減していますが、少人数でも子どもの権利を大事にした看護提供には変わりはありません。子どもの発達段階を大切にした看護提供ができるよう、また入院されるお子さんやご家族が安心して入院生活が過ごせるようにスタッフ一丸となって頑張っています 。

案内PDFはこちら

産婦人科・小児科・消化器内科・整形外科9階病棟

産婦人科・全科対応の特別室、個室を有する混合病棟です。産科は、年間約1,200件の分娩があり、個室にて母児同室を行い、母乳育児の支援をしています。また、助産学生や看護学生を受け入れ、後輩の育成にも力を入れています。助産師外来をはじめとし、助産師主体の自然分娩が多数ですが、医師とのチームワークも取れている働きやすい病棟です。病棟は、病院の最上階にあり、遠くに富士山、川崎、東京、横浜市街が望めるすばらしい環境です。患者さんのアメニティと看護の質の向上に努め「看護で選ばれる病院」「関東労災病院で出産してよかった」と患者さんに満足していただける病棟を目指しています。

案内PDFはこちら

ICU・HCU

重症救急患者さんや手術後あるいは院内急変患者さんなど集中治療が必要な方を受け入れている部署です。 集中ケア認定看護師や、呼吸療法認定士を中心に、積極的に呼吸ケアにも介入しており、さらに勉強会、看護研 究も行っています。患者さん・ご家族にとって常に最良で最高の医療・看護 の提供を目指しています。集中治療室ながらもアットホームな雰囲気なので、楽しく学べると思います。

案内PDFはこちら

外来

看護師総勢約80名で毎日約1,700名の患者さんに対応しています。33診療科の一般外来と救急室・内視鏡室・放射線部門もあり、外来看護実践能力と専門的な技術を要します。 また、地域医療支援病院であるため他の医療機関から紹介状を持参される方が多く、患者さんが安全・確実に受診できるように、明るく適切に対応することを心がけています。

案内PDFはこちら

血液浄化センター

外来患者さんと入院患者さんの血液透析・血液ろ過透析・腹膜透析を行っています。看護師総勢10名で毎日平均16名~22名の患者さんに対応しており、透析中の一般状態の観察や日常生活指導などを行っています。 勤労者や社会復帰に向う方については、地域と連携をとりながら医療チームで心身両面からサポートしています。

案内PDFはこちら

中央手術室

中央手術室は10室ある手術室をフル活動させ様々な手術が行われています。年々手術件数は増加の一途をたどり年間7,200件になろうとしています。あらゆる年齢層の患者さんに対応し、術前から安心して落ち着いた状態で手術が受けられるよう配慮しています。また、外来手術や休日夜間の緊急にもすばやく対応できる体制をとっています。スタッフ一同個別性のある看護を目指し日々努力しています。

案内PDFはこちら